不動産選びのコツ

失敗したくない不動産。良い物件を選ぶにはコツがあります。みんなのコツを紹介中。

不動産屋と仲介手数料


例えば売家が3000万円で売却されたからといって、売主の元へ3000万円が入ってくるわけではありません。
何故なら、諸経費や税金等々が掛かることが普通だからです。
そして…それ以前に不動産売却をした場合、不動産屋に対して仲介手数料を支払わなければなりません。
実は、この仲介手数料は予想以上に大きな金額になるのです。
ちなみに仲介手数料とは不動産売却が成立して初めて発生する金額ですから、もちろん売却できなければ、発生することもありません。
また売家の売却金額によっては仲介手数料の上限が変更されるため、売主は不動産会社と事前に売却金額をきちんと決めておく必要があります。
売主は、「不動産屋に任せたら何とかなる」といった安易な気持ちで考えてはいけないのです。


不動産の適切な選び方

不動産を購入するということは、多くの人にとって、人生で一度か二度、あるかないかというものです。

また、購入する対象自体も高価なので、慎重に選ぶ必要があります。

また、生活の拠点とするものである事も、より慎重であることを要求するものです。

不動産の選び方というと、対象となる不動産その物に関心が集中します。

確かに、購入の対象となるのは物自体なので、そこに関心が集中するのは当然のことなのですが、生活の拠点という前提からすると、立地や生活環境も見過ごすことは出来ません。

物自体に関して、内覧など実地調査をするように、立地や生活環境についても実地に見てまわる事が重要です。

その際、観光客のように、他人としての視点で見てまわるのは、あまり意味がありません。
また、現在所有している不動産を売却する事で、購入資金を増やし、一つランクの上の物件を購入する方も多いです。
こうする事で、より便利で快適な不動産を購入する事が可能になります。

家を売る際は、複数の不動産屋さんに見てもらうのが高値で売れるコツ。
かなり情報が豊富なサイトです。
家を売る

どの地域にどんな飲食店があるか探す際に重宝するサイト。
食べログ